誕生日の朝、舞い込んだ謎の封筒

毎日が謎と冒険に満ちていころ、
不思議な出来事も、
ぜんぜん不思議ではなく、いかにもありそうな出来事でした。

誕生日に、自分の部屋に
謎の白い封筒がどこからか飛び込んでくることも、
ありえないことではないのです。
そして、中にはいっている地図にしたがって
探検の大旅行に出ることも。

たんたは、謎の地図を持って探検にでかけることにしました。
地図には「キリンのまつ」「ワニのいし」「ライオンやま」
などと書いてあって、矢印がついています。

探検の大旅行に出かけるには
必要なものをそろえなくちゃ。
必要なものを揃えるのもわくわくする大事な段階。

まずは帽子を手に入れようと帽子屋さんへ。
探検に合う帽子はどんなのがいいかな?
と考えて帽子屋さんに相談すると
帽子屋さんはいろんなことを教えてくれたり
話を聞いてくれたり。

店の人との対話のことばが、
読み応えがあると言おうか心にしみ入ります。
優れた小説は、会話が良く書けていることが不可欠ですが
このおはなしはその条件を満たしています。

帽子屋さんでは、この後たんたのパートナーとなって
いっしょに探検をする
「ねこよりちょっと大きいひょうの子」
と出会います。
彼はいったいどこから来た何者なんでしょう?

そして、一人と一匹が行くジャングルの先には
いったい何が待っているのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です