紙と活版印刷とデザインのこと

表紙に字が何も書いてない。
シンプルなイラストだけ。
奥付けを見ると、
「本書のカバーは活版印刷のためひとつひとつの表情が微妙に異なります。・・・」とある。
装丁はパピエラボ。
著者であるパピエラボの仕事を紹介している本なのです。

パピエラボは、2007年に始まった紙と活版印刷の窓口を併せ持つ店。
便利なものが巷にあふれ、物はお金を出せばなんだって手にはいる時代に、
少し遠回りしてみるのもいい、と思う人たちに向くものを
作り出しているようです。

長年印刷所や活字店を続けてきた人たちの仕事場や人柄が
紹介されるページもある
どの人も、気負いのない態度で淡々と仕事に向き合っているように見えます。
無論、滅びゆくものというレッテルが貼られた時代を
通り過ぎてきた傷跡も背負っているはずだから
それを飲み込んだうえでの気負いなさなのだ。なおさら偉いと思います。

オリジナルアイテム紹介ページを見ると、
ちょっとざらっとした手ざわりのこの本の紙に印刷されると
より映えるものたちが並んでいます。

メンバー3人が出会ったのは、「活版再生展」。
「活版再生展」は、ノンフィクションライター・大平一枝さんが書いた
『かみさま』が縁で開かれたそうで、
大平さんの文章も本書にコラムとしてのっている。
人の手の痕跡が残る紙に書かれたものは、
人の心の深いところに刻まれる、とある。

紙と活版印刷を愛し作り出す動きは、
メールやSNS一色に見える世の中にあって
決して消えることのない力強い動きだ。

「活版印刷だから良い」のではなく、「良いと思ったものが活版印刷だった」
というふうでありたい、と
あくまで冷静に良きものを追求する姿勢も印象的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です